LOUNIE(ルーニィ)公式サイト

BLOG

マリ子とマルコ~三重の旅編 VOL.2~

2018.04.16 Mon update


東京から三重県へ。ひと足先に夏を捕まえる旅に出た女優・モデルの高橋マリ子さんとLOUNIEのマスコット兼PR担当のマルグリット(マルコ)。
今回は人気の温泉リゾート「アクアイグニス」にやってきました。こちらの特徴は、まさにドリームチームとも言えるようなカリスマシェフたちを揃えたレストランのラインナップ! 「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフが手がけるイタリアンから、「モンサンクレール」の辻口博啓シェフがプロデュースするスイーツ店とベーカリー、さらに「賛否両論」の笠原将弘シェフが腕をふるう日本料理まで垂涎のお店が揃い、毎食どれにしようか頭を悩まされます。

今日はそんな魅力いっぱいのグルメについて、紹介していきましょう!

 

 

あの「アル・ケッチャーノ」奥田政行シェフの絶品イタリアンが、三重県の海と山の幸を使った料理で楽しめる!


駐車場を眺めると、このリゾートには県外からのお客さんがいっぱい。わざわざここにやってくる理由のひとつが、そもそもは山形県でその名を馳せたイタリア料理の名店「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフが店を開いているから。「地産地消」のポリシーはそのままに、ここでは三重県の海の幸、山の幸をふんだんに使った料理を提供しています。

まず1軒目はリストランテ「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」。シェフの得意とする「野菜と動物性たんぱく質の共鳴」をテーマに、旬の食材を丁寧に扱った料理は、そのプレゼンテーションもアートのような美しさ。ここでの食事は、きっと旅の忘れられない思い出の1ページとなるはずです。

そしてもう1軒は、「食材で味をつくる」という奥田理論の詰まった四季折々のメニューが、より気軽に楽しめる「イル・ケッチァーノ ミエーレ」。モーニングからディナーまで、パスタやピッツァを主体とした見た目も彩なヘルシー料理が楽しめます。

 

 

予約の取れないことで有名な「賛否両論」笠原将弘シェフの日本料理を、コース、単品、カウンターで自在に愉しむ。


先にイタリアンをご紹介しましたが、ここ「アクアイグニス」では嬉しいことに(悩ましいことに?)和食もまた格別に美味しいお店が揃っています。

「笠庵 賛否両論」では、料理人 笠原将弘さんが三重の旬の食材を厳選し、ちょっとした遊び心を感じさせる粋な料理としてアレンジ。
コースでも単品でも、三重の豊かな自然を五感で味わうことができます。夜は「すき焼き膳」とともにゆっくりと地酒を楽しむもよし、昼は写真の「すだちそば」でさっぱりと済ませ、おやつのスイーツのためにおなかを空けておくもよし(笑)。

さらに、同店奥にある「露庵温味」(ろあんあたたかみ)は、9席のカウンターでいただく割烹料理のお店。その時期にしか味わえない新鮮な地の食材を、炭火でじっくり、丁寧に調理。昼、夜それぞれの時間帯に、おなかの空き具合と予算に合わせたコースでしっぽりと楽しめます。旅の思い出に、贅沢に和食をいただきたいという方にオススメします。

 

 

自由が丘「モンサンクレール」辻口博啓シェフのパンとスイーツを、テイクアウト&イートインで心ゆくまで堪能する。


宿泊客以外にも、地元の人たちが朝から行列をつくる人気ベーカリーが、「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」。こちらはカリスマパティシエとして有名な辻口博啓シェフがプロデュースに当たり、毎日スペイン製の石窯で、国産小麦を使用したパンが焼き上げられます。小麦のうまみが際立つ「天然酵母食パン」やバターの香りがうっとりさせる「クロワッサン」は、毎朝食べたくなる飽きのこない美味しさが魅力。敷地内の畑で採れたイチゴほか、フレッシュなフルーツをのせた各種デニッシュ&ペイストリーはおやつにもぴったり。イートインスペースがあるから、焼きたてをすぐに味わうこともできます。

 

 


辻口博啓シェフがつくる至宝のスイーツを、ゆったりとした店内で堪能できる場所が、こちらの「コンフィチュール アッシュ」。シェフ自身が「どこよりも素材に近い場所でお菓子づくりができる、スイーツの地産地消を叶える楽園」と称賛するだけあり、特に敷地内の農園「TSUJIGUCHI FARM」で育てられたイチゴやハーブを使ったスイーツは絶品。

また、マリ子さんが夢中になったのは、店内に併設された「ル ショコラ ドゥ アッシュ」の生トリュフ。お土産にも、きっと喜ばれるはず。

 

 


辻口博啓シェフがリゾートの敷地内で手掛ける農園が、「TSUJIGUCHI FARM」。より安全で、より美味しいスイーツを目指し、減農薬栽培&自然界のものをふんだんに使った有機肥料栽培でイチゴを育てています。期間は毎年12月〜5月までとなりますが、40分間食べ放題となるイチゴ狩りを楽しむことも。マリ子さんとマルコの二人も、採れたての甘〜いイチゴをいっぱい食べてきました。

 

(宿情報)
アクアイグニス
三重県三重郡菰野町菰野4800-1
TEL. 059-394-1511(予約専用)/059-394-7733(問い合わせ用)
https://aquaignis.jp

 

shop

Category: NEWS

Share

x