LOUNIE(ルーニィ)公式サイト

BLOG

マリ子とマルコ ~伊豆の旅編 Vol.1~

2018.01.22 Mon update

【ドライブ&宿篇】

毎日、だんだんと暖かさが増してくる春。なんだか胸がワクワクうずいて、どこかに旅したい気分になりませんか? 週末のショートトリップを楽しむなら、新緑に映える山道を抜け、春の陽射しにきらきらと輝く海を見ながらのドライブがオススメ。今回は春うららかな伊豆を、女優・モデルの高橋マリ子さんと、LOUNIEのマスコット兼PR担当のマルグリット(マルコ)がナビゲートします。

 


早朝の都内を出発して東名高速道路を走らせていくと、目の前にはぽっかりと富士山の姿が。「今日はきっといい日になりそう!」

 

3
沼津インターチェンジを降りた後、ちょっと遠回りをしてみることに。思いつくままに海辺で寄り道しながらの、のんびりドライブを楽しみます。午後を回った頃、二人は「アルカナイズ」を目指して出発。温泉旅館が軒を連ねる修善寺を過ぎると、道はだんだん細くなり、九十九折りの山道へと様相を変えていきます。渓相の美しい狩野川沿いは、絶好のドライブルート。マリ子さんはさも楽しげに、滑るようにクルマを走らせます。「アルカナイズ」があるのは、そんなくねくねした山道の途中。細かな砂利を敷き詰めた車まわしとモダンな佇まいの門構えは見るからに洗練されていて、胸が高まります。

 

4
チェックインはお部屋の中で。インテリアはシンプル&シックな北欧モダンスタイルで、とても落ち着いた雰囲気。新緑に彩られた渓谷の景色が目の前に広がり、それまで運転してきた緊張をそっと解きほぐしてくれます。(写真は「river view SUITE ROOM」)

 


「この本の中に、アルカナイズを舞台にしたストーリーがあるんです」——コンシェルジュがそう教えながら手渡してくれたのが、原田マハさんの短編集『さいはての彼女』。大の読書好きのマリ子さんは、さっそく午後のひと時をゆっくりと読書で過ごすことに。

 

6
読書を終えて、ちょっと宿の外へ。空気はまだひんやりと冷たいけれど、緑の香りに包まれて、なんだかとてもいい気分。さらさらと聞こえてくる渓流のせせらぎも、溜まった疲れを癒してくれるようです。

 

「マリ子とマルコ ~伊豆の旅編 Vol.2 ~」では、いよいよアルカナイズ自慢の美食レストランへ!

 

【撮影協力】
arcana izu(アルカナイズ)
静岡県伊豆市湯ヶ島1662
TEL. 0558-85-2700
http://www.arcanaresorts.com

press

Category: TRIP

Share

x