LOUNIE(ルーニィ)公式サイト

LOUNIE 2017 COLUMN

Must-Visit in Tottori

鳥取の観光スポット

鳥取への旅は、東京から車で向かえば10時間近くもかかる道程ですが、
飛行機なら1時間半足らずで軽くひとっ飛び! 東の鳥取空港か西の米子空港か、どちらかの空港が出発地となります。
海と山の両方を、目でも舌でも堪能できるのが鳥取の魅力であり、さらに温泉が極上の癒しを添えてくれます。
今回、LOUNIEの広告ヴィジュアルを撮影したのは鳥取砂丘。鳥取空港からタクシーで行ける、非日常のシチュエーションとして外せません。
ドラマチックな砂丘観光の後は、海を離れて山の奥へ。倉吉市・三朝町では、古き良き日本の姿が感動を与えてくれます。
ふだんよりもロマンティックな服を着て、山陰の景色を歩いてみませんか。

Must-Visit Recommendation 1

Shirakabe Dozo-gun'
(dozo buildings with white walls)

倉吉白壁土蔵群

鳥取市と米子市のちょうど中間くらい。天神川を上った山の麓に、まるで時代劇の舞台にタイムスリップしたかのような
「倉吉白壁土蔵群」があります。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている
この打吹玉川周辺のエリアでは、山陰の「小京都」とも呼ばれた美しい白壁の街並み散策を楽しむことができます。
ここはもともと江戸時代から昭和初期にかけて、黒い焼杉板、白い漆喰壁、
赤い石州瓦を特徴とする酒蔵や醤油蔵などの商家が建ち並び、
大いに賑わいを見せた場所。コイがゆらゆらと泳ぐ川と、石橋のある街並みの風景は
たとえ絵心はなくても、ついつい写真を撮りすぎてしまうほど。 外観はそのままに、おしゃれな雑貨店や飲食店にリノベーションされた建物もあり、見応え十分。
ふだんはあまり着ないような、ちょっとロマンティックな服を着て、ゆっくりと、ほっこりと、一日かけて歩きたい街です。

Information

〒682-0861 鳥取県倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町 周辺
tel. 0858-22-1200(倉吉白壁土蔵群観光案内所)
JR倉吉駅からバスで15分(路線バス市内線「赤瓦・白壁土蔵」下車)
赤瓦・白壁土蔵群停留所から徒歩で5分


Must-Visit Recommendation 2

Folk Crafts Shop TAKUMI

たくみ工芸店

鳥取駅のすぐ目の前にある、民藝品を取り扱うお店。土蔵のような外観が目を引くレトロな建物は
1949年に鳥取市出身の民芸運動家 吉田璋也が建てさせたもの。
すぐ隣には5,000点以上の民藝品のコレクションを収蔵展示する「鳥取民藝館」、
154体のお地蔵様を安置する「童子地蔵堂」、
そして民藝品の食器で地元の新鮮な食材を使った料理をいただくことができる「たくみ割烹」が並び、
ちょっとした民藝テーマパークのような区画を形づくっています。民藝館をゆっくり閲覧、
体にも心にも栄養たっぷりの食事を楽しんだ後は、「たくみ工芸店」でお買い物を。
「用の美」の価値を追求する民藝品だからこそ、人へのお土産にはもちろん、毎日の暮らしで大切に使えそうな逸品が、
陶器、塗物、織物など多彩なアイテムから選べて、つい時間を忘れて夢中になってしまいそう。
アクセスもいいのでぜひ訪ねてみたいスポットです。

Information

鳥取県鳥取市栄町651
tel. 0857-26-2367(鳥取民藝美術館共通)
http://mingei.exblog.jp/i9/

営業時間:10時~18時
休業日:水曜日(祝日の場合は翌日休業)、年末年始